女性

超音波照射で弾力アップ

女の人

真皮層を切らずに治す

腕の良い医師が治療すれば1回でも若返り効果が得られると評判のウルセラは、目元のたるみ取り治療としても効果的です。これは高密度焦点式超音波を、たるみのある目元へ照射して、肌の内側でピンポイントに焦点を合わせ、超音波の熱で損傷を与える施術になっています。簡単に言えば皮膚細胞をわざと壊す治療ですが、ダメージを負った部分は元の状態に戻ろうと自然回復する際、コラーゲンを沢山作り出すのがポイントです。目元のたるみはコラーゲンが不足していることも大きな原因ですから、減ったコラーゲンを増殖させるキッカケを与えるのが、ウルセラ治療の基本になります。施術後、体は皮膚内の傷を治すために、せっせとコラーゲンを生産し続けますので、超音波で受けた傷が治るのに合わせて、肌も弾力を取り戻すといった仕組みです。そのためウルセラ治療では、施術を受けてからおよそ1カ月ほどから改善効果が大きくなり、概ね3カ月後がピークとされています。また、肌の内側へ人為的に傷を与えるウルセラですが、超音波は肌の表面では作用しないため、皮膚が腫れたり赤くなることはほぼありません。施術を受けた後でもお化粧はできますから、すっぴんで帰る必要がなく、そのことも女性には嬉しい治療方法となっています。本来はメスで切らなければ治療できなかった肌の奥を、切開せずに改善できるのは、超音波を使ったウルセラ治療の魅力であり、重要な基本情報です。一方この治療では、早く効果を得やすい表皮から1.5mmの層と、その下でたるみの元になる真皮層のほか、更にその下にあるスマス筋膜など、3つの層の治療ができます。たるみは1つの層だけで発生する訳ではなく、各層が弾力を失った結果ですから、沢山の層を治療できるウルセラが、目元のたるみ取りでも効果を発揮してくれるのです。更に、真皮層へ超音波エネルギーを確実に届けられるよう、施術中はエコーなどを使って深さをモニタリングしながら照射するなど、高度な治療が提供されています。そのほか、最新マシンなら従来型より効率的なクーリング機能が備わっているため、照射による熱感や痛みの心配もなく、治療を快適に受けられることも豆知識です。