女性

美しい顔を手にする

鏡を見る人

年齢に負けない

目元に関しては、年齢を重ねるごとにどうしてもたるみが生じてしまい、実年齢よりも上に見られることもあるでしょう。目元のたるみを気にしてしまう場合、メスを用いていらない皮膚を除去する切除法がおすすめです。その目元の切除法には、いくつかの種類があります。まずは、下眼瞼切開法があります。下瞼のたるみのもととなっている、たるみを生じた皮膚や余計な脂肪を取っていき、まつげの付け根部分で縫い合わせていきます。これにより、治療の傷跡が目立たずにすみます。下眼瞼切開法の特徴ですが、光治療と比較しても効果がはっきりと現れ、たるみがなくなったことを体感できるでしょう。そしてたるみのある皮膚を、カットしてから引っ張り上げて縫っていくため、フェイスリフト効果にも期待が持てます。それ以外には、たるみやシワからくるクマもなくすことが可能です。つぎに、下眼瞼除皺術という切除法があります。下まつ毛の真下の部分にメスを挿入し、眼輪筋と皮膚を切り離していきます。そして、たるみのもととなる脂肪を取り除き、引き離した眼輪筋のいらない部分もカットします。最後に、余分な皮膚をメスを使ってカットし、縫い合わせるという具合です。特徴には何があるかというと、下眼瞼切開法と同じく、下まつ毛の部分で縫っていくので、傷跡はわかりにくいということが特徴として挙げられます。さらに、シワやたるみのすべてを治療するのが可能です。また、くぼみのあるところへ脂肪を移す、ハムラ法があります。前へ出っ張っている脂肪をカットするわけではなく、くぼみの下の部分へ移します。このことにより、脂肪が原因となり、膨らみのあった部分を治していくことができます。それと、くぼんでいるところにちょうど良いふくらみをつくることも可能です。ハムラ法の特徴に関しては、たるみが引き起こしていたクマをなくせるということです。そして、余分な皮膚はカットでき、シャープな目元へと生まれ変わるでしょう。その際、出っ張りのある脂肪の除去は最小限に抑えるため、極端にくぼむ心配はいりません。