女性

若々しさを手に入れる

顔を触る人

施術前の注意点

目元のたるみが気になってくると、美容クリニックへ足を運んでたるみ取りの手術を受け、以前のような若々しい肌を取り戻したくもなるでしょう。しかし、どのクリニックへたるみ取りを任せればいいか、わからないかもしれません。その際、広告料に高いお金を費やしている美容クリニックの医者ですが、誰もが良いスキル・知識を持っているとは限りません。整形外科専門医としてのスキルや資格を持たなくても、医者の免許さえ所持していれば、美容クリニックで働くことは可能です。目元のたるみを解消できるかどうかは、手術を任せる医者がカギを握っています。では、良い医者選びで気をつけることとしては、施術前に行うカウンセリングや検査の中で、患者のことをきちんと理解しているかが、良い医者かを見極めるポイントです。手術を任せたい美容クリニックが決定すれば、まずは美容クリニック内でのカウンセリングになります。カウンセリングの中で医者に聞くことですが、手術にかかる費用や手術のメリット、ダウンタイムなどが挙げられます。そして施術を受けた後、何か問題が起きた際コンタクトがとれるかどうかなども、聞いておくとよいでしょう。それ以外には、術後の仕上がりがわかる写真などがあれば、できるだけ見せてもらうことが大事です。カウンセリングを終え、手術をすることが決まれば、手術日までの間に気をつけることがあります。それは何かというと、体調管理をしっかりと行うということです。特に手術を行う日に関しては、寝不足の状態とまともな睡眠時間がとれた状態とでは、施術した後の腫れ方がまったく異なってきます。手術前はドキドキするでしょうが、普段よりも早く眠ることを心がけ、きちんと眠ることが重要となります。手術した後ですが、あまり激しい動作をしないことです。目元のまつげギリギリをカットするハムラ法や下眼瞼除皺術というのは、傷口が多少大きくなるため、無理しなくても良い環境の中で過ごしていきましょう。施術を受けた後はなるべく体を横にさせ、アイスノンを使い、ガーゼの上から目元をしばらくクールダウンさせると、治療による腫れが落ち着きます。